ここ最近の婚約指輪の金額の相場は

婚約指輪はプロポーズ時や結納の際に、男性から女性に贈るものです。一昔前までは給料3か月分の金額のものを贈るのが、一般的だといわれていました。さて、近頃はどうなのでしょうか。大手結婚情報誌によると、最近の婚約指輪の相場は33万円だそうです。節約志向の高い現代においては、あまり高額なものが好まれないようですね。高い指輪を買うよりは、新婚旅行や家電の購入代金に費用をまわしたいという考えも多くみられます。

どんなデザインの婚約指輪が人気でしょうか

婚約指輪と聞いて皆さんはどんなデザインのものを想像しますか。やはりシンプルなリングの真ん中に、大き目のダイヤが縦爪で支えられているものを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。今もそういったデザインの指輪は根強い人気もありますが、リングをぐるっと一周してダイヤが留められている「エタニティリング」や、リングの半周だけにダイヤを留めた「ハーフエタニティ」にも人気が集まっています。一粒ダイヤのものでは、ダイヤをハートの形にカットしたデザインのものをキュートで女性に喜ばれるようです。

オリジナルリングを贈るパターンも増加中です

ハンドメイドで自分だけの婚約指輪を自作する男性も増えてきています。デザインから原型の作成まで自分で行ったものをプレゼントされた女性は、指輪を見るたびに男性からの愛を感じることができるでしょう。自作ではなくジュエリー店でフルオーダーで指輪を作ってもらうこともできます。デザインをするのが苦手な人には、既存のデザインに一部手を加えたセミオーダーが人気ですね。いずれにしろ、世界に一つだけのオリジナルリングを贈ってもらえるなんて、女性の立場からすれば素敵なことですよね。

婚約指輪に使われる宝石の定番といえばダイヤモンドです。地上で最も硬いとされるダイヤモンドは、永遠の愛を誓うのにふさわしいという考えから多くの人に選ばれているのです。