テーマカラーを決めよう

少人数の結婚式では手作りで作り上げることができる反面、あれもカワイイ、これもカワイイとやっているうちにいつの間にか色やテイストがバラバラになってしまうことがあるので、まずはテーマカラーを決めてしまいましょう。たとえば幸せになるといわれているサムシングブルーだったり、春色のピンクなど自分に似合うトーンがあるのでアクセントカラーとして活用するといいでしょう。心安らぐ緑や太陽の光がとても似合う黄色等、季節の色や思い出の色から好きな色を選んでみましょう。

嫁ぐ日のために少しずつ作りたいもの

結婚することが決まったその日からドレスやベールはどうしようとワクワクするものです。世界で一番素敵に輝けるように身に着けるものも何か一つ手作りしてみましょう。たとえばベールは花嫁を神々しく清らかに、そして何よりも美しく見せてくれるアイテムです。ドレスを手作りするのは難しいですがベールはちょっとだけ縫い縮めて髪に挿すコームをつけるだけなので縫物が苦手な人でも大丈夫でしょう。また、少人数ということもあり友達や家族など身近な人に依頼して作ってもらったものを身に着けるというのもあたたかな気持ちになれますよ。素材によりシルエットが変化するのでまずは好みのスタイルを決めて素材を選びましょう。

アイテムのアフターアイディア

結婚式のために作ったアイテムはその日が終わったらお役御免というのはもったいないですし、かといって捨てるに捨てれないでしょう。いかにもウエディングのアイテムというものにしなくていいのがアットホーム感のある少人数の結婚式です。日常生活でも活用できるアイテムで手作りしておけば式後も楽しめますよ。たとえば、ウェルカムボードに使ったフレーム類は新しい住まいを彩る小物として活躍できるでしょう。フォトフレームに鏡を入れてミラーとして活用したり器類は花器やアクセサリー入れとしても使えますし、ベールをリメイクしてベビーウェアにしてもいいでしょう。

結婚式の見積もりが高くて、頭を抱えている人も多いのではないでしょうか。予算を抑えた結婚式なら親族のみで行うのもアリです。